キャリア

私が携帯販売員になった理由。携帯ショップがブラックと言われるワケとは。

橋から朝日が差している画像

こんにちは、りょん(@ryon_lynwood)です。

よく、携帯ショップの仕事はきつい、ブラックだなんて言われますよね。

私自身も、残念ながらその印象自体は正しいと思っています。

でも、全国には携帯ショップは山ほどあり、その数以上に店員さんもいるわけで。

店員さんは、どうして携帯ショップの店員になったのかなって、気になりますよね。

辛いと言われている仕事なのに、なぜこの職を選んだのかなあって。

そこで、実際に携帯ショップ店員として新卒で働いていた私がなぜ携帯販売の仕事に就いたのか、そしてまわりはどういう理由でこの仕事をしていたのかを、私が知る限りでお伝えしようと思います。

今仕事選びで悩んでいる方の参考になる部分もあるかもしれませんので、携帯販売には興味がないという方も気軽な気持ちで見てもらえたら嬉しいです。

▼この記事はこんな人におすすめ▼
  • 就職活動する人
  • 転職活動する人

携帯販売員になった理由。私の場合

私が携帯販売員になった理由は、ズバリ、就活に失敗したからです。

そもそも販売職はすごくキラキラしたイメージで、私みたいな根暗にはできないだろうと思っていました。

でも、地元で働けるというある企業を受けてみたら内定をもらえて、それが携帯ショップの代理店運営をしている会社だったというご縁です。

私は上記の企業以外にも銀行や商社の一般事務なども受けていたのですが、ぶっちゃけ全て落とされました。笑

正直、何社説明会に行っても「やりたい」と思える仕事は1つもありませんでした。
(今思えば、「働く」ということに関してあまりにも考えなさ過ぎたか、ガチで働くことに向いていないんだと思います)

いつまでも就活を続けていても仕方がないし、ある程度のところで、内定をもらった会社で働いてみようと決意しました。

その時は、携帯販売という仕事は難しそうだけれど、仕事は何をやっても大変だからまずは目の前の仕事を頑張ってみよう、という考えでした。

強いて言えば、当時「人と関わる仕事がしたい」という就活あるあるな軸を持っていたので、単純に接客業には少し興味もありました。

ですが、私にとっては「その仕事しかなかった」という妥協的な理由で携帯販売員を始めたのがきっかけでした。

携帯販売員になった理由。同期・同僚の場合

では、周りはどうだったのか。
あくまで私の周りの同期や同僚から聞いた話ですので、全ての販売員さんがこういった理由で働いているわけではないことをご認識の上読んでいただければと思います。

私の同期・同僚はこんな理由で働いている人が多かったです。

同期の場合

  • 接客が好きだから
  • 会社の「人」がいいと思った
  • ここで内定をもらえたから就活は辞めた

同僚の場合

  • お金がもらえるから
  • 機械に詳しいから
  • 接客が好きだから
  • 営業職の経験があり、店長を目指したい

新卒で入った同期たちは、わりと内定をもらったから、とか会社の人に魅力を感じて、という人が多かったですね。

また、実際に一緒に働いていた同僚には派遣さんが多かったのですが、そういう方たちは接客が好き、お金のため、生活のため、という方が多かったです。

携帯ショップがブラックと言われるワケ

以上が、私が知る携帯ショップで働く理由でした。

ここから言えることは、少なくとも私の周りでは誰一人として「携帯ショップの店員として働こう!」という目的をもってこの職に就いていた人はいなかった、ということです。

多かったのは、「接客が好きだから」という理由で、それはみな嘘ではなかったと思います。

でも、携帯ショップ店員という仕事には、「いい接客をする」ということ以外にも、きついと感じる要素がありすぎたんだと思います。

私も接客をしたい、お客さんに親切にしたいという思いでこの仕事に就きましたが、ストレスが積み重なって、そのうちクレーマーでもなんでもない普通のお客様にまで愛想がなくなっていく自分が許せなくなっていきました。

ノルマもきついし、難しい手続きも多いし、クレームも多いし。。。接客が好き、だけではカバーしきれない負の部分があまりにも多く感じられたのです。

携帯ショップは離職率が高いなんて言いますが、この負の部分を上回るほど接客からやりがいを感じられたなら、きっと辞める人も減っていくのではと思います。

夕暮れの中のカモ
元携帯ショップ店員が語る・・・ノルマの実態と乗り越え方!携帯ショップって、ノルマあるのかな?その答えは、「はい」です。この記事では、携帯ショップのノルマはどんなものなのか、そしてノルマを中々達成できなかった私がやったことについてお伝えします。...

なぜなら、ノルマがきついと言っても、常識の範囲内ではあったと思いますし、クレームは多いけど、それも携帯ショップに限った話ではない。
残業も多いけれど、もっと残業が多い会社は他にも山ほどある。

だから、携帯ショップが特別ブラックなわけではないと思うんです。

もちろん、きつい部類の仕事だとは思うのですが、どうしても携帯販売員になりたい理由があったり、ここで得たい経験がある人にとってはブラックではないと思います。

例えば医者なんてもっと大変なのでは。。。と思うのですが、お医者さんってその職業になりたいという強い思いがあってなってる人が多いので、きつくてもブラックとか言われづらいんだと思うんですよね。

商社とかもそうです。残業時間とかえげつないと思いますが、それでも目的もって働いているから、その境遇を受け入れられるんですよね。

その点、携帯ショップ店員は誰でもなれますし、少なくとも私のまわりは「仕方なく」という気持ちで妥協して働いている人が多かったので、どうしても文句の出やすい職場だったかなあと感じます。。。

そんなところからも、ブラックといわれる理由が生まれているのかなあと思います。

最後に

いかがでしたか?
以上が、私が考える、携帯ショップがブラックと言われる理由でした。

結局のところ、「過酷な職場環境」というのは事実存在しますが、それをブラックと思うかどうかは働く人自身が決めることですよね。

なので、これから就活の方、転職の方には、やりたいこと・やりたくないことをできるだけ具体的にしてみていただきたいなあと思います。

目的をもって働いていると、過酷な環境もポジティブに捉えることができますし、仮にその仕事を辞めたとしても、必ず得るものがあります。

そして、これから就こうと思っている仕事内容をできるだけ具体的に掘り下げていってください。

その中のどんなところが辛いのか、あるいは自分が辛さを超えるほどの楽しさを感じられるか、そのあたりも考えていくと、きっとミスマッチは減っていくのではないかなあと思いました。