ウェディング

写真立てにもなる♪ミニリースで作る結婚式の受付サイン作り方

花材がついたリースが2つ

結婚式でゲストが来場して最初に通る場所、受付。ゲストをお迎えする場所だからこそ、華やかに飾りつけたいですよね。

受付って作業場所なので大きなものは置けないですし、私もどうやって装飾するか悩みました・・・!

でも、ミニリースを使ったおしゃれな受付サインを見つけて、これなら不器用な私でも簡単に会場の雰囲気づくりができる!と気づいたんです。

私と同じように、ナチュラルウェディングを考えていらっしゃる方にはとってもおすすめなので、ぜひ当記事を参考にしてDIYしてみてくださいね♪

▼この記事はこんな人におすすめです▼
  • 受付サインの作り方を知りたい人
  • 受付スペースを華やかにしたい人
  • ナチュラルウェディングをしたい人

 

準備するもの

必要なもの
  • ミニリース×2
  • 花材
  • プラ板
  • 新郎新婦写真
  • ミニイーゼル×2
  • 白ポスカ
  • グルーガン
  • グルースティック

こちらは新郎新婦の写真以外は全て100均でそろいます♪

写真を使わない方はプラ板に「BRIDE」「GROOM」などの文字を書いても可愛いかもしれないですね。

ちなみに、私はフラッグプロップスを作ったときに余った花材を使いました^^笑

2つの旗が交差している
【前撮りにも活躍】5ステップで完成!フラッグプロップスの作り方こんにちは、初心者ブロガーのりょん(@ryon_lynwood)です。 プレ花嫁のみなさん、今日もご準備お疲れ様です。 結婚...

作り方

作成手順
  1. ミニリースに花材をセットし、グルーガンでくっつける
  2. プラ板を適度な大きさにカットし、リースの裏に貼り付ける
  3. 写真をプラ板と同じ大きさにカットし、位置を合わせて貼り付ける
  4. イーゼルに「GROOM」「BRIDE」の文字を書く

手順1.ミニリースに花材をセットし、グルーガンでくっつける

木のリースの花材と葉がついている

ミニリースに花材をセットして位置を調整します。

ちょうどよい位置になるようにセッティングしたら、グルーガンでとめていきます。

火傷には注意してくださいね。

手順2.プラ板を適度な大きさにカットし、リースの裏に貼り付ける

リースの内側にプラ板をのせた図

プラ板を適度な大きさにカットします。但し、大きさは計ったりしなくてOKです。

プラ板をミニリースのうしろに当て、ミニリースの幅からはみ出ない程度の大きさにカットします。

プラ板の端にグルーガンをつけてリースにくっつけます。

手順3.写真をプラ板と同じ大きさにカットし、位置を合わせて貼り付ける

リースの裏にプラ板と写真をつける図

 

写真をリースの裏に当てて、ちょうどよい配置になるようにカットする位置に印をつけて切り取ります。

写真の淵にグルーガンをつけてリースにくっつけます。

これでリース部分は完成です!!

手順4.イーゼルに「GROOM」「BRIDE」の文字を書く

イーゼルに幅があれば「GROOM」とか「BRIDE」とかの文字を書きます。

私は白のポスカで書きましたが、お好みの色があればアレンジして文字入れしてみてくださいね。

これで完成です!!!

リースで作った写真立て

まとめ

いかがでしたでしょうか?不器用さんでも難しくないので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

受付の装飾はつい後回しになりがちですし過度な装飾は逆に受付の担当者を困らせてしまうのでどうするか悩みますよね。

小さくて華やかなミニリースの受付サインはとっても重宝しますので、とってもおすすめです!